4.15.2014

演劇祭にて


次回出演作品の情報です


第7回ルナティック演劇祭

5/27(火)〜6/1(日)

下北沢 小劇場 楽園



演劇祭参加団体

RASCAL

「てのひらの虫」

演出:野元準也

作:ビビ

出演:大勝かおり、須山剛、三貝豪、金城秀平他。

5/29(木)19時半

6/1(日) 13時

チケット前売/¥2,800 当日/¥3,300


参加4団体が各2ステージずつ上演する一週間の演劇祭です。


自分は、昨年年末にシアター711での「カミノキズ」に参加した

RASCALの新作に再び参加させていただきます。


演劇祭なので、来場者数や審査員の採点により、最優秀賞等を争います。


演劇祭参加が初めてなので、私自身楽しみな企画です。


みなさまのご来場で順位が決まるそうです(笑)


ご都合つきましたら、ぜひいらしてください。


チケットご予約はメール、メッセージ、コメント等で承ります。


どうぞよろしくお願いします!


4.03.2014

エンジェルス


tpt#89

「エンジェルスインアメリカ」を観た。

1部「ミレニアムアプローチ」15時から。

2部「ペレストロイカ」19時から。


通して、合計約5時間。



生憎の雨だけど、近泉ピットは雨の日も趣きがあって良いのだ。


で、僭越ながら結論から言うと、

いまだ収束してない福島原発から3年たった今、

ぜひ観ていただきたい作品です。


時代を超えて、現在(いま)を生きる日本人にきっと響くから。



それにしても、近泉ピットがなくなることが残念でなりません。

公演を重ねるごとに、役者の熱と存在で劇場になってきただけに。





まだ間に合います。

tpt#89

「エンジェルスインアメリカ」

作;トニー・クシュナー

演出:門井均

詳細はhttp://www.tpt.co.jpから。



4.02.2014

さくら



いつから桜の花に心が動かされるようになったんだろう。



少なくとも、高校時代に通っていた道すがらの、



どこに桜の木があったのか、



まるで記憶にない。




学生時代、露店でしか食べられない杏子飴に興味があるフリをしながら、



自分の意志で初めて花見に行った頃から、



少しずつ桜に対する意識が変わっていったような。




儚くて、無常で、


でもほんの短い間のきらめきが圧倒的で。



やっぱり日本人なんですかね。